【持ち運び可能】いつでも水素水が飲める容器とボトルが便利

持ち運びに便利な水素水とは?

水素水は、水素が抜けてしまうため外で飲む事ができないと言われていました。
しかし、今では水素が抜けない容器・ボトルやその場で水素水を作る事が出来る水素水生成器があります。

 

そのため、外出先でも新鮮な水素水を飲む事ができるようになりました。

 

アルミパウチのような水素水は、一度空けてしまうと飲み干さなければただの水になってしまうため空けた瞬間から1時間以内に飲まにといけませんでした。

 

水素水を持ち運ぶタイプには、2種類あって「ペットボトルで持ち運ぶタイプ」と「水素生成器をそのまま持ち運ぶタイプ」です。

 

どちらが優れているという事はありませんが、バックに入れて持ち運びやすいのはペットボトルのタイプです。

 

ペットボトルで持ち運ぶタイプ


ペットボトルで持ち運ぶタイプは、ペットボトルに水入れて水素発生剤を入れるだけです。
かなり簡単で前日から準備しておくことで、高濃度の水素水を作る事が出来ます。

 

一般的にペットボトルは水素が抜けるから駄目と言われていますが、普通のペットボトルではなく特殊な物を使っています。
また、2日〜3日であれば水素が急に全部抜けてしまう事はないですし、1日であれば十分に水素水を飲む事が出来ます。

 

バックにコンパクトに入りやすいですし、人の目を気にせずに水素水を飲めるのが良いと思います。

 

水素水生成器を持ち運ぶ


水素水生成器を持ち運ぶタイプは、水素水生成器の容器がそのまま持ち運べます。
ただ、思ったよりも容器が大きいので、バックに入れるとかさばる物もあります。

 

購入するときは、大きさを考えてから購入する事が大切です。
購入してからバックに入らない!という事がないようにしましょう。

 

ペットボトルとは違って容器が可愛いデザインの物が多くそれを気に入って購入している人も多いようです。

 

どちらのタイプを選ぶべきなのか?

どちらを選ぶかは難しいですし、どちらが良いという事はないと思います。

 

ただ、当サイトとしては、ペットボトルで作る水素水は最高水素濃度が7.0ppmと非常に高く持ち運びに便利なためペットボトルの方を推奨しています。

 

しかし、長期的な金銭面でみると、ペットボトルのタイプは月々5千円程度かかりますが、水素水生成器の容器タイプは、買い切りで商品にもよりますが、5万円程度になるので長期的に見ると安くなります。

 

だから、自分の中で優先順位を考えて購入する事が大切です。

 

▼水素生成器ランキング特集はこちら▼

 

このエントリーをはてなブックマークに追加