水素水の効果を徹底解説|水素が身体を健康にする

 

 水素水には免疫力がアップする働きがあると言われています。免疫力が下がると当然病気になりやすくなるわけです。免疫で一番重要になってくるのが、白血球です。白血球=白血球と思っていいでしょう。また、病気の原因であることが9割り近くあるのが活性酸素です。水素は、この白血球と活性酸素と深く関わりがあります。

 

水素と白血球の関係とは?

まず、白血球はの働きはといえば、ウィルスやばい菌を撃退してくれる役割があります。だから、病気にならないためにも白血球にはしっかりと働いてもらいたいわけです。白血球の活動となっているエネルギーはミトコンドリアが産生するATPがエネルギー源になっています。このATPを作るときに必要なのが、水素が必要になのです。つまり、水素がないとしっかりと白血球が仕事をしてくれないわけです。

 

水素と活性酸素

 活性酸素が原因で病気になってしまうのが9割わると言われています。しかし、活性酸素が全てが悪者ではありません。活性酸素には、善玉活性酸素と悪玉活性酸素の2つがあります。

善玉活性酸素と免疫

善玉活性酸素には、免疫機能を向上するさせる働きがあり、除去すると身体にはよくないわけです。

 水素で除去したいのは、悪玉活性酸素です。悪玉活性酸素は、善玉に比べると酸化力が非常に強いので細胞、DNAなど重要な組織とすぐに反応して酸化させてしまいます。つまり、どんどん老化してしまうわけです。体をサビつかせないためにも悪玉活性酸素を除去する事が健康を維持する事には重要になってきます。
 水素水がなんで抗酸化物質と優秀なのかを知りたい方は下から
水素はビタミンCよりも抗酸化力が弱いという事実