水素水で加齢臭がきつくなくなる?

このエントリーをはてなブックマークに追加 

若いときは、においなんて気になしたかったですよね。
でも、歳を重ねるごとににおいが気になってきたではないでしょうか?
いわゆる、加齢臭ですね。

 

加齢臭の原因を知っていますか?
ノネナールという物質が加齢臭の臭いの元になっています。
過酸化脂質がノネナールを作る元になっています。
活性酸素が増えると過酸化脂質が増えます。

 

つまり、活性酸素が原因で加齢臭がひどくなるわけです。

 

若いときは平気な理由とは?

若いときから活性酸素は発生しています。
しかし、若いときは抗酸化力が高いので活性酸素がしっかり除去されます。

 

歳をとると抗酸化力が弱まってしまいます。
男性は40歳から、女性は閉経後の50代くらいから始まります。
そのため加齢臭あになってしまいます。

 

水素が加齢臭に良い理由とは?

活性酸素が発生しても抗酸化力が弱くなっている大人は、
どうしても活性酸素に負けてしまいます。
そこで、水素を飲む事で活性酸素を除去する事でにおいを抑える事ができる。

 

加齢臭がしやすい人とは?

年齢の他にも加齢臭がしやすい人がいます。
太っている人は加齢臭が強い
運動不足だと加齢臭が強い
これらは、食べ過ぎである事や、運動不足だとミトコンドリアの質が悪くなり
活性酸素を出しやすい体質になってしまいます。

 

加齢臭を抑えたいのであれば活性酸素を除去する事が大切です。
体内の抗酸化力を高める事が非常に重要です。
そのために水素水が有効だと期待されています。

身体の臭いだけでなく、おならの臭いや口臭も水素水が効果があります。おならや口臭は、腸内環境が表に出ます。腸内の悪玉菌が動物性たんぱく質を分解するときにでる腐敗臭がおならや口臭のもとになっています。腸内が悪玉菌が多くなるとにおいがきつくなるわけです。水素水は、腸内環境を整える効果があるので気になる人は水素水がおススメです。